発起人

アーサー・カプラン教授

米ニューヨーク大学グロスマン医科大学の生命倫理学教授(Mitty)および学長。医療倫理の教授・研究者として知られる。幅広く著書・論文を発表しており、移植医療倫理の専門家。ニューヨーク大学ランゴン医療センターの生命倫理学部の部長。ニューヨーク大学以前はフィラデルフィアのペンシルヴァニア大学ペレルマン医学部で医療倫理学部の部長・生命倫理学教授(Sidney D.Caplan Professor)を務めていた。

朱婉琪UDCPFOH運営委員会議長

国際的な人権弁護士、強制臓器摘出の阻止・撲滅に関する国際サミット(UDCPFOH)の議長。1999年の法輪功迫害の始まり以来、犠牲者を無償で弁護し、臓器収奪に関与した中国共産党の江沢民元総書記や幹部の提訴に積極的に関わっている。

「強制臓器摘出の撲滅と防止に関する世界宣言」は、5つの非政府組織が共同で立ち上げたものです。

はじめに

「強制臓器摘出の阻止と撲滅に関する世界宣言(UDCPFOH)」の発起団体は、世界中の人々がUDCPFOHを支持するよう呼びかけるために以下の声明を発表します。

  1. 第二次世界大戦は、人類を救いようのない苦悩と喪失に陥れました。また、国際刑事司法制度が野蛮な人権侵害を「ジェノサイドの罪」「拷問の罪」「人道に対する罪」として処罰するようになり、国際刑事法上最も厳しい犯罪の一つとして認識されるようになりました。重大な人権侵害は、秘密主義的な風潮の中で今もなお続いており、全体主義的な政権が行使する政治的・経済的な影響力によって容易に無視され、抑止されることはありません。その結果、さらなる死亡と計り知れない苦しみは終わりを見せません。中国共産党による強制臓器摘出は、何百万人もの人々に影響を与える最も極悪な犯罪であり、そのような残虐行為の一つです。
  2. 長年にわたる国際機関、人権団体、政府による調査報告や専門家の分析によると、強制臓器摘出の被害者が最も多いのは法輪功であると結論づけています。2019年にロンドンに拠点を置く独立機関「中国民衆法廷」は、移植用の臓器を得るために拘束者の殺害が中国で続いており、主な被害者は投獄された法輪功学習者であると断言しました。法輪功とウイグル人に対する人道に対する罪は、合理的な疑いの余地なく確かであるとされています。
  3. 第二次世界大戦中の犯罪は、いくつかの重要な人権に関する国際条約を採択させる結果となりました。戦争や虐待によって人権、自由、正義が破壊された20世紀、国際社会は基本的人権を守るためのコンセンサスを宣言や国際条約という形でまとめ、世界中で実施したのです。UDCPFOHは、過去70年間の人権に関する最も重要な国際条約に示された中核的な基準を明確に支持し、これらの基準を指導原理として使用しています。これらの条約には、世界人権宣言(1948年)、市民的及び政治的権利に関する国際規約(1966年)、拷問及び他の残虐な、非人道的な又は品位を傷つける取り扱い又は刑罰に関する条約(1966年)、生物学及び医学の応用に関する人間の権利及び尊厳を保護するための条約:人権と生物医学に関する条約(1997年)、欧州評議会の人体臓器売買禁止条約(2015年)が含まれます。
  4. 強制臓器摘出は、法輪功学習者やウイグルなどの少数民族の「浄化」と大量虐殺に使われるだけでなく、莫大な経済的利益を得ることにも関与しています。このような利益は、臓器移植そのものと、国境を越えた臓器売買、移植ツーリズム、臓器ブローカーから得られています。したがって、強制臓器摘出を阻止するためには、国際的なレベルで、また国家レベルで同時に取り組むことが必要です。
  5. 国レベルでは、UDCPFOHは、すべての政府は、強制臓器摘出を自国の国内法の下で犯罪とし、この犯罪の責任者を厳しく罰するために必要な立法措置およびその他の措置を講じること。そして、司法関係においては、あらゆる犯罪の効果的な捜査と訴追を開始し、確保しなければならないことを説明しています。すべての政府の行政制度は、強制臓器摘出に直接的または間接的に参加していることが判明した者の入国を禁止し、自国の医療関係者が中国人医師または医療関係者に移植手術の研修を行わないよう説得し、医学雑誌に対して、移植医療における「中国の経験」についての出版物を拒否するよう働きかけるものとします。一方、各国は強制臓器摘出の違法性について国民の認識を高めるべきです。UDCPFOHは、不正に入手された人体臓器の関連情報の収集、分析、交換、および強制臓器摘出に関する不正行為の調査について国際的な協力を強調します。